日本でいちばん平凡な名前の出版社
31~40件 (全8485件) 前の10件 |  2  |  3  | 4 |  5  |  6  | 次の10件
ソウルフード探訪
書名 ソウルフード探訪
副書名 東京で見つけた異国の味
概要 インド人が食べる「味噌汁」って?モンゴル人の力の源とは?B級グルメから母の味まで、世界の食をめぐるユーモアあふれるエッセイ。
著者 中川 明紀
ISBN 9784582837490
出版年月 2018/05
本体価格 本体1,600円+税
見えない蝶をさがして
書名 見えない蝶をさがして
概要 樹木、花、鳥、精霊、子ども……この10年、描いた作品に、見ることの楽しさ、生命のふしぎを伝える掌編をそえた、心が歓ぶ一冊。
著者 いせ ひでこ 絵と文
ISBN 9784582837773
出版年月 2018/05
本体価格 本体1,600円+税
人形論
書名 人形論
概要 祓除の土偶や天児から、ゴシックドール、さらにはラヴドールやロボットまで、広汎な人形ワールドを認識論的に捉える亜人論。遺作
著者 金森 修
ISBN 9784582206463
出版年月 2018/05
本体価格 本体3,200円+税
聴竹居
書名 聴竹居
副書名 日本人の理想の住まい
概要 2017年、重要文化財に指定の「日本人の理想の住宅」。その全貌をあますところなく紹介。解説は日英併記、実測図も充実の決定版。
著者 松隈 章
古川 泰造 写真
ISBN 9784582544633
出版年月 2018/05
本体価格 本体9,800円+税
あること、ないこと
書名 あること、ないこと
概要 世界を繙く事典、探偵譚、他の惑星から来た友人、思い出深い食堂や音盤、長い置き手紙──虚実の出会う場所を描く美しい物語の数々。
著者 吉田 篤弘
ISBN 9784582837759
出版年月 2018/05
本体価格 本体1,800円+税
火環
書名 火環
副書名 八幡炎炎記 完結編
概要 著者初の本格自伝的小説・完結編。戦後の激動のなか、炭鉱の町で育ったヒナ子は映画の脚本家を目指して密かに上京をもくろむが……。
著者 村田喜代子
ISBN 9784582837735
出版年月 2018/05
本体価格 本体1,700円+税
みんな忘れた
書名 みんな忘れた
副書名 記憶のなかの人
概要 今年98歳となる日本を代表する洋画家が、1世紀近い人生で出会った人たちとの濃淡さまざまな触れ合いを稀有な文才で描くエッセイ。
著者 野見山 暁治
ISBN 9784582837766
出版年月 2018/05
本体価格 本体1,800円+税
熊野と神楽
書名 熊野と神楽
副書名 聖地の根源的力を求めて
概要 湯立、縁起の伝播、神楽の生成を軸に、花祭や彦山との対比、修験道の役割にも目を配りつつ熊野信仰を分析、聖地熊野の根源を探る。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 鈴木 正崇
ISBN 9784582364521
出版年月 2018/05
本体価格 本体1,000円+税
神代文字の思想
書名 神代文字の思想
副書名 ホツマ文献を読み解く
概要 漢字伝来以前から日本にあったとされる神代文字。近世に作られたそれらの文字と文献に、神道や和歌をめぐる多様な知の集積を探る。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 吉田 唯
ISBN 9784582364538
出版年月 2018/05
本体価格 本体1,000円+税
天皇陵と近代
書名 天皇陵と近代
副書名 地域の中の大友皇子伝説
概要 明治期、大友皇子の墓は滋賀県長等山前に治定されたが、千葉県君津市の古墳との異説が長く主張された。運動はなぜ執拗に続いたか。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 宮間 純一
ISBN 9784582364514
出版年月 2018/05
本体価格 本体1,000円+税
31~40件 (全8485件) 前の10件 |  2  |  3  | 4 |  5  |  6  | 次の10件
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス