日本でいちばん平凡な名前の出版社
41~50件 (全83件) 前の10件 |  3  |  4  | 5 |  6  |  7  | 次の10件
神谷美恵子 島の診療記録から
書名 神谷美恵子 島の診療記録から
概要 ハンセン病患者に寄り添い続けた精神科医・神谷美恵子。瀬戸内の療養施設の経験、使命感、心に残る人々…たおやかに生きた人の随想。
シリーズ STANDARD BOOKS
著者 神谷 美恵子
ISBN 9784582531626
出版年月 2017/08
本体価格 本体1,400円+税
花びら供養
書名 花びら供養
概要 全集未収録のエッセイを中心に編む待望の1冊。3部構成で、個人的な書簡、短編小説など交えながら、水俣からのメッセージを伝える。
著者 石牟礼 道子
ISBN 9784582837643
出版年月 2017/08
本体価格 本体2,500円+税
わたしの主人公はわたし
書名 わたしの主人公はわたし
副書名 他人の声に振りまわされない生き方
概要 自分が大嫌いだったネガティブ思考クイーンの貂々さんが、自分とまわりと向き合い、生きるのがラクになるコツを綴った初エッセイ。
著者 細川 貂々
ISBN 9784582837636
出版年月 2017/08
本体価格 本体1,000円+税
鈴木春信 決定版
書名 鈴木春信 決定版
副書名 恋をいろどる浮世絵師
概要 江戸中期に活躍した錦絵の元祖、鈴木春信。男女の恋、何気ない日常……見事な曲線美と色彩美、卓越した技術力で情緒豊かに描く!
シリーズ 別冊太陽 >  日本のこころ
著者 藤澤 紫
ISBN 9784582922530
出版年月 2017/07
本体価格 本体2,500円+税
マルセル・デュシャンとチェス
書名 マルセル・デュシャンとチェス
概要 現代美術の父マルセル・デュシャンの制作論における秘密を、チェスを手がかりに精緻に読み解く、気鋭の美術評論家による力作。
著者 中尾 拓哉
ISBN 9784582284485
出版年月 2017/07
本体価格 本体4,800円+税
六義園の庭暮らし
書名 六義園の庭暮らし
副書名 柳沢信鴻『宴遊日記』の世界
概要 柳沢吉保の孫・信鴻の『宴遊日記』を細密に読み解きながら、自在に繰り広げられた江戸人の「庭暮らし」の魅力を伝える。
著者 小野 佐和子
ISBN 9784582544596
出版年月 2017/07
本体価格 本体2,400円+税
江戸の博物学
書名 江戸の博物学
副書名 島津重豪と南西諸島の本草学
概要 近世、日本の本草学は独自の展開をとげた。薩摩藩主島津重豪を中心に琉球の本草学や大名趣味としての鳥飼いなど博物知の展開を追う。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 高津 孝
ISBN 9784582364460
出版年月 2017/07
本体価格 本体1,000円+税
徳川家康
書名 徳川家康
副書名 境界の領主から天下人へ
概要 境界の領主に過ぎなかった徳川家康。天下人へと駆け上った足跡を新出の史料と最新の解釈で描く。シリーズ《中世から近世へ》第1弾。
シリーズ 中世から近世へ
著者 柴 裕之
ISBN 9784582477313
出版年月 2017/07
本体価格 本体1,700円+税
羽柴家崩壊
書名 羽柴家崩壊
副書名 茶々と片桐且元の懊悩
概要 片桐且元宛の茶々の書状群。関ヶ原後の羽柴家の立場、新たな「天下人」家康との関係、大坂の陣に至る羽柴家内部の抗争について。
シリーズ 中世から近世へ
著者 黒田 基樹
ISBN 9784582477337
出版年月 2017/07
本体価格 本体1,700円+税
和算への誘い
書名 和算への誘い
副書名 数学を楽しんだ江戸時代
概要 江戸時代に花開いた日本独自の数学「和算」の展開を、『塵劫記』、関孝和、円周率、また算額、数学塾のありようなど、多面的に語る。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 上野 健爾
ISBN 9784582364477
出版年月 2017/07
本体価格 本体1,000円+税
41~50件 (全83件) 前の10件 |  3  |  4  | 5 |  6  |  7  | 次の10件
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス