日本でいちばん平凡な名前の出版社
51~55件 (全55件) 前の10件 |  2  |  3  |  4  |  5  | 6 |
漱石と煎茶
書名 漱石と煎茶
概要 漱石が『草枕』で近世文人の風雅な趣味「煎茶」をことさら称揚するのはなぜか。中国・日本の煎茶史を通して新しい過激な漱石を発見!
シリーズ 平凡社新書
著者 小川 後楽
ISBN 9784582858235
出版年月 2017/01
本体価格 本体800円+税
パニック経済
書名 パニック経済
副書名 経済政策の詭弁を見破る
概要 異次元金融緩和、負の公共事業、財政危機、年金・保険の崩壊……。普遍の科学という視点から、詭弁に満ちた経済政策に警鐘を鳴らす。
シリーズ 平凡社新書
著者 逢沢 明
ISBN 9784582858334
出版年月 2017/01
本体価格 本体780円+税
イラストでわかる介護知らずの体のつくり方
書名 イラストでわかる介護知らずの体のつくり方
概要 介護の世話にならない身体をどう作るか。日常生活の中で無理なくできる身体メンテナンスを健康運動指導士が伝授。田原総一朗氏推薦!
シリーズ 平凡社新書
著者 山田 佐世子
ISBN 9784582858341
出版年月 2017/01
本体価格 本体760円+税
対米従属の謎
書名 対米従属の謎
副書名 どうしたら自立できるか
概要 戦後70年がたって、なぜ米国に従い続けるのか。外交記録や各国の軍事駐留の歴史を繙きながら、日本が「自立できない」理由を探る。
シリーズ 平凡社新書
著者 松竹 伸幸
ISBN 9784582858358
出版年月 2017/01
本体価格 本体800円+税
文字講話 Ⅳ
書名 文字講話 Ⅳ
概要 京都で開かれた伝説の連続講話。最終巻は、載書字説や漢字の将来など、著者の文字学の根本と目指すところを語った5講話を収録。
シリーズ 平凡社ライブラリー
著者 白川 静
ISBN 9784582768510
出版年月 2017/01
本体価格 本体1,300円+税
51~55件 (全55件) 前の10件 |  2  |  3  |  4  |  5  | 6 |
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス