日本でいちばん平凡な名前の出版社
1~10件 (全892件) | 1 |  2  |  3  |  4  |  5  | 次の10件
経済学者はこう考えてきた
書名 経済学者はこう考えてきた
副書名 古典からのアプローチ
概要 資本主義とは何か、学問としての経済学の変遷、偉大な経済学者の思想や学説の違いなど、経済思想史家の立場から経済学の初歩を説く。
シリーズ 平凡社新書
著者 根井 雅弘
ISBN 9784582858938
出版年月 2018/10
本体価格 本体920円+税
「武国」日本
書名 「武国」日本
副書名 自国意識とその罠
概要 日本はサムライの国か? 昭和前期には軍国主義へと結びついた「武国」日本意識の来歴を探り、そこに潜む罠を剔出する。
シリーズ 平凡社新書
著者 佐伯 真一
ISBN 9784582858945
出版年月 2018/10
本体価格 本体950円+税
公文書問題と日本の病理
書名 公文書問題と日本の病理
概要 森友学園、加計学園、陸上自衛隊PKO部隊日誌隠蔽……。公文書問題の第一人者がその核心を衝き、根底にある病根をえぐり出す。
シリーズ 平凡社新書
著者 松岡 資明
ISBN 9784582858952
出版年月 2018/10
本体価格 本体800円+税
世界史のなかの文化大革命
書名 世界史のなかの文化大革命
概要 文化大革命とは何だったのか。文革を中国国内で完結したものでなく、その国際的要因と越境性を重視し、もうひとつの真実にせまる。
シリーズ 平凡社新書
著者 馬場 公彦
ISBN 9784582858914
出版年月 2018/09
本体価格 本体920円+税
バブル経済とは何か
書名 バブル経済とは何か
概要 世界的な金融危機のきっかけとなったリーマン・ショックから10年。果たして次のバブルと崩壊はどのような形でやってくるのか!?
シリーズ 平凡社新書
著者 藤田 勉
ISBN 9784582858921
出版年月 2018/09
本体価格 本体880円+税
江戸の目明し
書名 江戸の目明し
概要 時代劇でつねに活躍する目明しは単なる正義の味方などではなかった。豊富な史料から、犯罪者が目明しになるという驚きの事実を語る。
シリーズ 平凡社新書
著者 増川 宏一
ISBN 9784582858877
出版年月 2018/08
本体価格 本体780円+税
象徴天皇の旅
書名 象徴天皇の旅
副書名 平成に築かれた国民との絆
概要 平成の象徴天皇という立場にあって旅とはどんな意味をもつか。被災地への旅、慰霊の旅、和解の旅。その多くに同行した記者の見聞記。
シリーズ 平凡社新書
著者 井上 亮
ISBN 9784582858891
出版年月 2018/08
本体価格 本体900円+税
シニア鉄道旅のすすめ
書名 シニア鉄道旅のすすめ
概要 シニア向けの割引きっぷから、豪華な観光列車、グルメ列車の旅、都市近郊の身近な鉄道旅に至るまで、様ざまな鉄道旅行を紹介する。
シリーズ 平凡社新書
著者 野田 隆
ISBN 9784582858907
出版年月 2018/08
本体価格 本体840円+税
カラー版 絵はがきの大日本帝国
書名 カラー版 絵はがきの大日本帝国
概要 膨張を繰り返し崩壊に至った大日本帝国。日清戦争から太平洋戦争終結まで、絵はがきを道標に“土地”と“時”の両面から追体験する。
シリーズ 平凡社新書
著者 二松 啓紀
ISBN 9784582858884
出版年月 2018/08
本体価格 本体1,400円+税
新版 死を想う
書名 新版 死を想う
副書名 われらも終には仏なり
概要 日本を代表する詩人と、水俣病を通して死を見つめ続けた作家が語る魂の対話。
シリーズ 平凡社新書
著者 石牟礼 道子
伊藤 比呂美
ISBN 9784582858846
出版年月 2018/07
本体価格 本体760円+税
1~10件 (全892件) | 1 |  2  |  3  |  4  |  5  | 次の10件
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス