日本でいちばん平凡な名前の出版社
1~3件 (全3件) | 1 |
死を想え 『九相詩』と『一休骸骨』 
書名 死を想え 『九相詩』と『一休骸骨』 
概要 死体の変容をつぶさに追う観想の文学『九相詩』、骸骨が生き、愛し、死ぬ物語『一休骸骨』に、この国の死生観をみる。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 今西 祐一郎
ISBN 9784582364415
出版年月 2016/12
本体価格 本体1,000円+税
漢字・カタカナ・ひらがな
書名 漢字・カタカナ・ひらがな
副書名 表記の思想
概要 漢字とひらがなの堅い序列を突破し、勅撰和歌集、やがては医書までひらがな化。ついにひらがな上位の思想が現れる、表記のドラマ。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 入口 敦志
ISBN 9784582364422
出版年月 2016/12
本体価格 本体1,000円+税
漱石の読みかた『明暗』と漢籍
書名 漱石の読みかた『明暗』と漢籍
概要 主人公達の動きは、彼らの父親達が互いに貸し借りした漢籍の中にあらかじめ書き込まれている。漱石の小説世界の肥沃さと深さを読む。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 野網 摩利子
ISBN 9784582364439
出版年月 2016/12
本体価格 本体1,000円+税
1~3件 (全3件) | 1 |
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス