日本でいちばん平凡な名前の出版社
1~4件 (全4件) | 1 |
武田勝頼
書名 武田勝頼
副書名 試される戦国大名の「器量」
概要 偉大な父信玄の跡目を継いだ勝頼。彼の足跡や御家事情などを通して、大名の「戦争」の意味を探り、戦国大名像の真実に迫る。
シリーズ 中世から近世へ
著者 丸島 和洋
ISBN 9784582477320
出版年月 2017/09
本体価格 本体1,900円+税
徳川家康
書名 徳川家康
副書名 境界の領主から天下人へ
概要 境界の領主に過ぎなかった徳川家康。天下人へと駆け上った足跡を新出の史料と最新の解釈で描く。シリーズ《中世から近世へ》第1弾。
シリーズ 中世から近世へ
著者 柴 裕之
ISBN 9784582477313
出版年月 2017/07
本体価格 本体1,700円+税
羽柴家崩壊
書名 羽柴家崩壊
副書名 茶々と片桐且元の懊悩
概要 片桐且元宛の茶々の書状群。関ヶ原後の羽柴家の立場、新たな「天下人」家康との関係、大坂の陣に至る羽柴家内部の抗争について。
シリーズ 中世から近世へ
著者 黒田 基樹
ISBN 9784582477337
出版年月 2017/07
本体価格 本体1,700円+税
兵農分離はあったのか
書名 兵農分離はあったのか
概要 中世から近世への社会転換を示す重要要素とされる「兵農分離」。いま、この概念の存在自体が揺らいでいる。歴史ファン必読の一書。
シリーズ 中世から近世へ
著者 平井 上総
ISBN 9784582477344
本体価格 本体1,700円+税
1~4件 (全4件) | 1 |
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス