日本でいちばん平凡な名前の出版社

創刊時のキャッチフレーズは「自分を広げる、世界が変わる」。自分の知識を広げれば、世界そのものが違って見えてくる、というコンセプトでした。そして創刊10周年を機に、さらに現代人の知る楽しみに幅広く応えていきたいという思いから、「いろいろだから面白い」という合言葉のもと、リニューアルを行いました。この言葉は古代ローマの思想家キケローの「Varietas delectat.」という箴言を日本語にしたものです。2014年は創刊から15年。平凡社新書は、時代を読み解く本、新たな発見のある本をつくり続けます。

新刊情報

バッハ

バッハ

史上最大の作曲家が生きた街で辿る生涯と曲

ニッポン 終着駅の旅

ニッポン 終着駅の旅

様々な終着駅へと続く鉄道の旅を紹介する

ヒトラーとUFO

ヒトラーとUFO

ドイツの謎と都市伝説を追う

風土記から見る日本列島の古代史

風土記から見る日本列島の古代史

古代日本の地方を知ると歴史が面白くなる!

自己実現という罠

自己実現という罠

悪徳経営者からどう身を守ればいいのか?

自分史のすすめ

自分史のすすめ

軽い気持ちで書きたくなる「自分史読本」

これから出る本

新版 死を想う

新版 死を想う

作家と詩人が語る死についての対話、新装版

日航機123便墜落 最後の証言

日航機123便墜落 最後の証言

日米双方を徹底取材し、深層を抉る

日本軍ゲリラ 台湾高砂義勇隊

日本軍ゲリラ 台湾高砂義勇隊

南洋戦場でゲリラ戦を戦った台湾先住民部隊

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス