日本でいちばん平凡な名前の出版社

創刊時のキャッチフレーズは「自分を広げる、世界が変わる」。自分の知識を広げれば、世界そのものが違って見えてくる、というコンセプトでした。そして創刊10周年を機に、さらに現代人の知る楽しみに幅広く応えていきたいという思いから、「いろいろだから面白い」という合言葉のもと、リニューアルを行いました。この言葉は古代ローマの思想家キケローの「Varietas delectat.」という箴言を日本語にしたものです。2014年は創刊から15年。平凡社新書は、時代を読み解く本、新たな発見のある本をつくり続けます。

新刊情報

ルポ 隠された中国

ルポ 隠された中国

知られざる中国の一面に光をあてる。

漢字とカタカナとひらがな

漢字とカタカナとひらがな

日本語の多様な書き方の歴史と意味を問う

新聞の噓を見抜く

新聞の噓を見抜く

作為、不作為による新聞の嘘を読み解く

魯山人 美食の名言

魯山人 美食の名言

言葉を通してその美食観を浮びあがらせる

老いない人は何を食べているか

老いない人は何を食べているか

見た目も若く健康的な人生を過ごす秘訣

一遍 捨聖の思想

一遍 捨聖の思想

信をも捨てて念仏へと向かう他力思想

これから出る本

永六輔

永六輔

「旅する坊主」の実像を描いた決定的評伝

なぜ私たちは生きているのか

なぜ私たちは生きているのか

「生きづらさ」を巡る知的興奮に満ちた対談

ルネサンス再入門

ルネサンス再入門

多様な文化要素が未決のまま共存する時代

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス