日本でいちばん平凡な名前の出版社

創刊時のキャッチフレーズは「自分を広げる、世界が変わる」。自分の知識を広げれば、世界そのものが違って見えてくる、というコンセプトでした。そして創刊10周年を機に、さらに現代人の知る楽しみに幅広く応えていきたいという思いから、「いろいろだから面白い」という合言葉のもと、リニューアルを行いました。この言葉は古代ローマの思想家キケローの「Varietas delectat.」という箴言を日本語にしたものです。2014年は創刊から15年。平凡社新書は、時代を読み解く本、新たな発見のある本をつくり続けます。

新刊情報

遺伝か、能力か、環境か、努力か、運なのか

遺伝か、能力か、環境か、努力か、運なのか

生まれながらの不利をいかに乗り越えるか

通じない日本語

通じない日本語

知っていそうで知らない日本語の魅力に迫る

目に見えない世界を歩く

目に見えない世界を歩く

視覚障害者が描く「全盲の文化人類学」

永六輔

永六輔

「旅する坊主」の実像を描いた決定的評伝

なぜ私たちは生きているのか

なぜ私たちは生きているのか

「生きづらさ」を巡る知的興奮に満ちた対談

ルネサンス再入門

ルネサンス再入門

多様な文化要素が未決のまま共存する時代

これから出る本

21世紀の長期停滞論

21世紀の長期停滞論

日本経済低迷の原因とその処方箋を探る

吉原の江戸川柳はおもしろい

吉原の江戸川柳はおもしろい

色と金をめぐる、男と女の攻防戦可笑しがる

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス