日本でいちばん平凡な名前の出版社

創刊時のキャッチフレーズは「自分を広げる、世界が変わる」。自分の知識を広げれば、世界そのものが違って見えてくる、というコンセプトでした。そして創刊10周年を機に、さらに現代人の知る楽しみに幅広く応えていきたいという思いから、「いろいろだから面白い」という合言葉のもと、リニューアルを行いました。この言葉は古代ローマの思想家キケローの「Varietas delectat.」という箴言を日本語にしたものです。2014年は創刊から15年。平凡社新書は、時代を読み解く本、新たな発見のある本をつくり続けます。

新刊情報

経済学者はこう考えてきた

経済学者はこう考えてきた

経済思想史家の立場から経済学の初歩を説く

「武国」日本

「武国」日本

日本人の自己像の来歴とその罠を剔出する

公文書問題と日本の病理

公文書問題と日本の病理

公文書問題の根底に横たわる病根とは何か

世界史のなかの文化大革命

世界史のなかの文化大革命

文化大革命のもうひとつの真実にせまる

バブル経済とは何か

バブル経済とは何か

バブルの発生と崩壊の歴史から何を学ぶか

江戸の目明し

江戸の目明し

目明しの驚くべき実態を史料から解き明かす

これから出る本

三島由紀夫と天皇

三島由紀夫と天皇

三島の死を通して戦後の欺瞞の構造を抉る

自民党という病

自民党という病

自民党史を飾る闇取引や裏工作の真相

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス