日本でいちばん平凡な名前の出版社

創刊時のキャッチフレーズは「自分を広げる、世界が変わる」。自分の知識を広げれば、世界そのものが違って見えてくる、というコンセプトでした。そして創刊10周年を機に、さらに現代人の知る楽しみに幅広く応えていきたいという思いから、「いろいろだから面白い」という合言葉のもと、リニューアルを行いました。この言葉は古代ローマの思想家キケローの「Varietas delectat.」という箴言を日本語にしたものです。2014年は創刊から15年。平凡社新書は、時代を読み解く本、新たな発見のある本をつくり続けます。

新刊情報

改訂新版 日銀を知れば経済がわかる

改訂新版 日銀を知れば経済がわかる(新書)

日銀誕生から最新の政策まで詳細に解説

中国人の本音

中国人の本音

北京特派員が見た「抗日」の真実とは

下山の時代を生きる

下山の時代を生きる

「下山の時代」に日本人はどう生きるか。

カラー版 東京凸凹地形散歩

カラー版 東京凸凹地形散歩

23エリアをデジタル標高地図とともに紹介

フィンテック革命の衝撃

フィンテック革命の衝撃

フィンテックで世の中はどのように変わるか

「おもてなし」という残酷社会

「おもてなし」という残酷社会

なぜ、過剰な感情労働社会になったのか

これから出る本

超高齢社会2.0

超高齢社会2.0

高齢者労働を情報技術の活用で楽しく実現

新版 ハリウッド100年史講義

新版 ハリウッド100年史講義

アメリカ映画100年の夢とは何か

バックパッカーのすすめ

バックパッカーのすすめ

シニア向けバックパッカースタイルの旅

脱 大日本主義

脱 大日本主義

新時代に相応しい安全保障、成熟戦略を提唱

暮らしのなかのニセ科学

暮らしのなかのニセ科学

健康願望につけ入るあやしげ科学を一刀両断

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス