日本でいちばん平凡な名前の出版社

創刊時のキャッチフレーズは「自分を広げる、世界が変わる」。自分の知識を広げれば、世界そのものが違って見えてくる、というコンセプトでした。そして創刊10周年を機に、さらに現代人の知る楽しみに幅広く応えていきたいという思いから、「いろいろだから面白い」という合言葉のもと、リニューアルを行いました。この言葉は古代ローマの思想家キケローの「Varietas delectat.」という箴言を日本語にしたものです。2014年は創刊から15年。平凡社新書は、時代を読み解く本、新たな発見のある本をつくり続けます。

新刊情報

新版 アニメーション学入門

新版 アニメーション学入門

「アニメーション学」の新たなスタンダード

孫文と陳独秀

孫文と陳独秀

「国父」と「裏切り者」の真の姿を描く

漱石と煎茶

漱石と煎茶

草枕』はなぜ風雅な煎茶を称揚するのか

パニック経済

パニック経済

詭弁に満ちた経済政策に警鐘を鳴らす

イラストでわかる介護知らずの体のつくり方

イラストでわかる介護知らずの体のつくり方

介護しらずの身体を作るメソッドを伝授

対米従属の謎

対米従属の謎

日本が「自立できない」理由を探る

これから出る本

「おもてなし」という残酷社会

「おもてなし」という残酷社会

なぜ、過剰な感情労働社会になったのか

あきれた紳士の国イギリス

あきれた紳士の国イギリス

専業主夫が見た「紳士の国」の素顔

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス